Dexcom CLARITY

Dexcom CLARITY

Dexcom CLARITYは、医療従事者による患者の糖尿病管理を効果的に支援するソフトウェアです。低値・高値・目標値の範囲にある時間を含む、グルコース値の変動、傾向、統計データが確認できます。

 

DEXCOM CLARITYを設定する 

 

主な機能と利点

Dexcom CLARITY を使用すると、医療従事者と患者は、さまざまなインタラクティブ レポートを介して、臨床的に関連するグルコースのパターン、トレンド、および統計にアクセスできます。Dexcom CLARITY により、対面または遠隔での診察中に、患者のグルコースに関する洞察についての会話を円滑に進めることができます。

Presentation

インタラクティブ レポート

患者とより核心的な会話を行い、効率を高めるために、さまざまなインタラクティブ レポートを表示、保存、および印刷することもできます。

Computer Monitor

使いやすいクリニック ポータル

患者のグルコース データには使いやすいクリニック ポータルからアクセスでき、より簡素化されたオフィスのワークフローをサポートします。

Cycle

継続的なデータ接続*

アップロードも問題ありません。患者の Dexcom CGM アプリケーションからのグルコース データは自動的に*Dexcom CLARITY に送信されるので、手動でアップロードする必要がなく、より効率的に糖尿病管理が行えます。

CGM データ分析レポート

効果的な糖尿病管理をサポートするために、医療機関のコンピューターから関連する CGM データを評価します。Dexcom CLARITY は、独自のアルゴリズムを使用して、患者の個々のニーズに対応するための幅広いレポートを提供します。

選択した日付範囲内のさまざまな時刻における患者のグルコース トレンドが表示されます。たとえば、患者の傾向レポートから、患者のグルコース濃度が午前中は安定しているが、午後は安定していないことに気付く場合があります。

ユーザーは、各日のすべてのグルコース値および患者が日ごとに別途入力したイベントについて分析できます。

1週間ごとのデータを曜日単位で重ねて表示します。グラフ線は、曜日ごとに色分けしたグラフ線で表示することで、低血糖や高血糖が発生する頻度、期間、設定値の範囲外の滞在傾向を確認して、患者の治療の優先順位や方法の判断をサポートをします。

International Diabetes Center によって作成された標準グルコース レポート。複数のデータ ポイントを使用して、パターンを統計、トレンド グラフ、および日内変動でハイライト表示します。

比較レポートは、日付範囲を選択して異なる期間の2つのグラフを比較することで、短期的、長期的な側面から、患者のグルコース値の変化を包括的にかんたんに確認できます。期間内(日別、週別、月別)で、処方を調整した後の影響などを視覚的に捉えることができます。

Dexcom CLARITYを医療機関で
最大限に活用するには

医療機関向けのポータルの操作は簡単です。ポータルにアクセスして、患者のグルコース値を把握しましょう

1

患者に開始してもらう 

患者を招待し、Dexcom CLARITY を使用して、CGM データを医療機関と共有します。患者は、医療機関から提供されたコードを使用してデータ共有を許可します。

2

レポートの表示

クリニック ポータルを使用して、対面または遠隔での診察に対応できるレポートのいずれか (またはすべて) を表示、分析、および印刷します。

3

グルコース パターンについて話し合う

関連性があるグルコース パターン、トレンド、および統計について患者と話し合い、効果的な糖尿病管理に役立てます。 

医療機関をサポートする、
頼りになる無料のツールです

Dexom CLARITYの登録に、費用は発生しません。

いますぐ登録する

 


 

すでにアカウントをお持ちですか?

DEXCOM CLARITY にログインする 


 

 

*患者が互換性のあるスマート デバイスを使用してグルコース データを Dexcom CLARITY に送信するには、インターネット接続が必要です:dexcom.com/compatibility

†医療従事者は、患者が Dexcom CLARITY を通じてグルコース データを共有することを選択した場合のみ、そのデータを表示できます。

clarity.dexcom.jp/professional/registration で Dexcom CLARITY に登録する

.

Dexcom医療従事者用ページにようこそ

このウェブページでは医療関係者の方を対象としています。 

続ける